忘れられる権利

犯罪記事や前科について忘れられる権利とは

忘れられる権利の概要

最近は忘れられる権利について議論がよくかわされるようになっています。忘れられる権利とは、過去の犯罪記事や前科について過去のことほじくりだして公表されない権利です。

ネットの普及によって過去のことが本人の意思にかかわらず公表されてしまうということが多発しており、これをどう扱うのかということや、犯罪履歴などがない場合でも、一度ネットで公表されてしまうと、それが事実であったかのように広まってしまって、後で消すことが出来ないということが問題視されているわけです。

今のネット上では情報の一度拡散してしまえば、二度とそれを消すことは出来ないということになっているので、こうした情報をどう扱うのかということが議論されるようになっています。

テレビであれば各放送局が自分たちの指針の下で、公表する内容については吟味をしているのですが、ネット上ではそうしたことが出来ないので、情報がどんどんと無秩序に流れていて、止めようがないということになっています。

過去を忘れてほしい!知る権利との闘い

過去のことについて、それが事実であっても本人の同意なしに公開していいのかということと、一度公開された情報は後で、消しても既に手遅れとなってしまっていて、どうしようもないということをどう対応するのかとうことが問題視されているわけです。

人には誰しも公開されたくない情報というものがあります。それが犯罪のようなことであっても、長い年月が経った後で公開されるということは問題がないのかということが議論されているわけです。忘れられる権利というのは、これまであたりまえだった、知る権利との間で、さまざまな問題点を浮き彫りにしているということがいえるでしょう。

ネットは何でも情報を公開できる都合のいいものですが、何でも公開してもいいいというものの中に、公開してはならないものがあるのではないかということです。公序良俗に反するものということで、取り締まれないことはないかもしれませんが、これではあまりにも取り締まりの範囲が広すぎて、どこまでが公序良俗の範囲なのかが分からないということになります。

今のところどんな情報を公開して、何を公開しないかは個人の判断に任されている状態です。何でもとりあえず、ネットにあげられる状態で、後で問題があるものだという意義がくれば、そのデータを削除するかどうかをサイトの経営者が判断をするということになっているので、既に手遅れなのです。今後これは長い議論になりそうです。