選び方

ネット誹謗中傷対策の監視サービスを利用するには

監視サービスの必要性

インターネットが大分普及していますが、ネットは現実世界のように場所が限定されているのではなく、いろんなところにページやサイトがあり、内容も膨大です。ただ、多くの人が隅々までサイトなどを見るのではなく、ある程度見るサイトは限られていますし、多くの人が見るサイトには影響力を有しています。

こういったサイトで個人や団体、ものに対して2chなどに誹謗中傷がありますと、他の人に対して悪影響を受けてしまいます。誹謗等を受けられる方にとっては、無視することがありますが、度を超えたものがあったり誘発するようなことがありますと、無視では解決できません。このようなことを防ぐためには、ネット誹謗中傷対策を取る必要があります。

誹謗中傷監視サービスの選び方

2ちゃんねるをはじめとする、ネット誹謗中傷対策の一つとして、監視サービスが挙げられます。監視サービスを提供しているところは多々ありますが、サービス提供会社によって得意分野が異なりますから、一体どのような誹謗中傷を受け、どこを対策してほしいかを念頭に調べる必要があります。

例えば、最近ソーシャルメディアサービスやブログ、Q&Aサイトがあり利用者が多いですが、これらのページに対して監視などが得意なところがありますし、ネット掲示板に対する投稿などに対してその会社が独自で開発した機能を用いて監視するところがあります。

そして、監視サービスを選ぶ際には、対策してほしい分野を考えた上で、その会社の実績や歴史を見るとその監視サービスがよく取り扱っているのが分かります。
さらに、誹謗中傷の悪影響には、こういったことが書かれているサイトやページのみならず、検索サイトでの関連ワードにあるネガティブワードによってイメージダウンを及ぼすことがあります。ただ、検索エンジン側がネガティブワードを表示させないようにすることは禁じられていますので、関連ワードではなく、本ワードの価値を向上させるアドバイスができるところがあります。

以上のように、ネット誹謗中傷対策の監視サービスは、実績や歴史などから得意分野を見極めて、サービスを検討する必要があります。